緑黄日記

水野らばの日記

生活と思考

相合傘への誘い文句

会社を出ると、雨が降っていた。昼までは晴れていたのだが、いつのまにか雨燦燦である。僕はビニール傘を持っている。会社からの帰りに傘を忘れて雨の中を駅までダッシュするというのを2度ほどやって天気予報はちゃんと見た方がいいということを学んだ。僕は…

野良猫に話しかける不審者になった

会社からの帰り、猫を見つけた。 僕は猫が好きである。島根の実家で暮らしていたころに、隣の家に住む老夫婦が飼っている白猫をよく触りに行っていたし、なんなら社会人になった今でも帰省した際にはこの猫を触りに行っている。ペットショップで猫を眺めるだ…

会社員生活の最初の1ヵ月

5月である。4月より暑く、6月より寒いでお馴染みの5月である。今が5月ということは、僕が新入社員として会社の犬となり、ワンワン吠え始めて1ヵ月以上経過したということになる。この1ヵ月は働いているのか遊んでいるのか、はたまた、働かされているのか遊…

人生にはいつか年下の人間に髪を切ってもらう時が来る

行きつけの美容院に足を運んだ。僕は大学生の時からこの美容院に通っており、担当してくれる美容師さんも毎度同じ人を指名している。 いつも美容院の予約はインターネットでしている。小学生の時からおもしろフラッシュ倉庫に親しんでいた僕だ。これくらいは…

ドラッグストアの店員さんにあだ名をつけられる

今日も今日とて家の近所にあるドラッグストアに来た。このドラッグストアは大学生時代から住んでいるアパートのすぐ近くにあり、通うのももう6年目である。僕は基本的に家で食べるものをこのドラッグストアでしか買わないため、大学時代から学生バイトのシフ…

タピオカお食い初め

人生には何事にも『初めて』がある。初めての恋。初めての旅。そして初めてのタピオカ。タピオカのお食い初めをしようと決めた。 僕は元来、『食』への興味が薄いが、それはまだ僕が猛烈に興味をそそられる『食』を見つけることが出来ていない可能性もある。…

フレンズの『夜にダンス』が寄り添う夜

新入社員である。 この春に新入社員として働きはじめ、今は研修、研修の毎日である。己を研き修めるために会社のフロア内を右往左往している。 先日、新入社員歓迎会が開かれた。僕は新入社員なので主賓という立ち位置である。しかし、僕も社会で、もとい、…

女の子とパーティーを抜けだしたい

この春から立派な会社員となった。名刺交換したり、会議に出席したり、上司のグラスにビールを注いだり、社長のゴルフスイングをおだてたりすることでお馴染みの会社員である。会社員の概念が貧困なのは入社して1週間しかたっていないので仕方のないことでは…

滑り止めで自動車免許更新講習ドラマに受かった世にも奇妙な物語

自動車免許の更新を完全に忘れていた。 現在、僕の住まいは大阪だが、本籍地は島根県である。あの、過疎が雪だるま式に加速している島根県である。県民を絶滅危惧種として保護することが法律で定められているあの島根県である。 免許の更新のために一度島根…

行かなかった卒業式に想いを馳せる

先日、大学の卒業式があった。正確にはあったらしい。「らしい」と表現したのは僕が出席しなかったためだ。僕はちゃんと確かめたことでないと断定するのは控えている。群馬県も実在する「らしい」し、石原さとみも本当にいる「らしい」。 僕は今年度で5年間…

コレサワの『たばこ』を聴くと失恋をした乙女になる

3月ももうすぐ終わる。春の気配が見え隠れし、思わせぶりな態度を取っている。夜はまだまだ寒い。僕はコンビニに行くため、人通りの少ない住宅地を歩いていた。家々の窓からは光が漏れ、少し楽しげである。スマホに繋げたイヤホンから流れる東京事変に耳を傾…

睡眠薬を持っていると強い気持ちでお昼寝が出来る

アトピー性皮膚炎である。体が痒い。 冬場は特に肌が乾燥して痒みが増す。その特に乾燥して痒みが増す冬場、そのまた特に乾燥して痒みが増すのがお風呂上がりである。皆さんも実感としてあるであろう。お風呂上りは肌が砂漠のように乾燥する。よく見るとラク…

満員電車で高次の生命体の存在を感じる

島根県出雲市から高速バスに乗り、5時間バスに揺られ、阪急梅田駅で降りる。約1か月ぶりの大阪、1ヵ月ぶりの都会の喧騒である。阪急3番街のバスターミナルから歩き、ビックマン前広場の階段を上り、大阪駅へと続く歩道橋を渡る。右手にはヨドバシカメラのビ…

ホワイトデーの贈り物の正解がわからない

昨日3月14日。そう、ホワイトデーであった。皆さんはいかがお過ごしであっただろうか。ものの本によると、ホワイトデーとは、バレンタインデーにチョコレートなどをもらった男性がそのお返しとしてプレゼントを女性へ贈る日とされている。されるな!!と思う…

車をどこに停めたかわからない

休日なので車で大きめのショッピングモールに出かけた。島根県では休日にショッピングモールに行くことが村の掟で決まっているのだ。あとほかに出かけるところがないというのもある。 ショッピングモールに行くと人でごった返していた。平日どこに隠れている…

ニートが社会人サッカーチームの練習に参加してきた話

先日、地元の友人に誘われ社会人サッカーチームの練習に参加してきた。 僕は現在、肩書としては一応大学生であるものの、実際の生活は親の飼い猫ことニートである。猫を飼うのに比べ、莫大な費用がかかるが、猫と違ってトイレの場所もすぐ覚えるし、爪切りも…

男らしさとはタイヤ交換ができるということ

3月である。長かった冬が終わり春の気配が見え隠れする。あの3月である。 3月になったら、まずやること。日本に生きる人間ならば思い浮かぶことはただひとつであろう。 そう、車のタイヤ交換である。 僕の地元は島根県だ。日本最弱の経済規模という名声を欲…

車で事故を起こすと小学生に襲われる

車で事故を起こした。 といっても些細なものである。実家の駐車場の前、幅80cmくらいの用水路にタイヤを落とした。怪我人もいないし、何も壊してない。車体の損傷も修理に行くほどでもない。場所も田舎の人通りの少ない住宅街。些細な事故といえる。 ただ、…

お金が介在するから手放しで応援できる

下宿近くの古民家を意識したであろうカフェ。木でできた太い柱や梁、高い天井、広々としたつくりでノスタルジックな雰囲気が漂う。そして、むき出しのコンクリート、乱雑な配線、詰めが甘い。 僕はこのカフェによく足を運ぶ。それは1杯300円のアメリカンコー…

「雑飯」「ズボラ飯」という呼称は選民意識の表れ

僕は味覚が終わっている。 白いご飯にマヨネーズをかけただけのものを「コンビニのツナマヨおにぎりの味がする~」と思いながら食べる。ツナもあまつさえノリもないのに。 フルグラをお皿に注いだ時点で牛乳がないことが発覚し、そのままボリボリと食べるこ…

ピアノに辿り着けない(LA LA LAND感想)

当時の流行の波には乗れなかった「ラ・ラ・ランド」をついに観た。テレビを真正面に相手取り、コーラとポテトチップスを机に広げ、家用ダサ眼鏡をかける。僕の本気鑑賞スタイルである。 トレイラーでもあった交通渋滞の中での歌と踊りから始まり、夢を叶える…